FC2ブログ

高雄へ

カテゴリー: 台湾

高鉄台南から15分で終点左営へ。
自由席の一番後ろの座席で風景を眺めているうちに高雄に着いた。

左営站

約1年4ヶ月ぶりの高雄だ。
ここについて、まずやることは地下鉄カード「I pass」の充填。
残額がNT$83だったのでNT$100充填する。

地上でうろうろしても暑いので新光三越のフードコートでゆっくりするかと思い
入ってみると、すごい人。みんな考えることは同じだな。
新光三越を出て、地下鉄乗り場の前に椅子があったので
いすに座りながら今日の予定を立てた。

15時前になったのでそろそろ、行ってみるかと西子湾を目指す。
西子湾で下車し旗津行きのフェリー乗り場に行くと人、バイクともにすごい行列。
フェリー乗り場そばのカキ氷屋さんがとんでもない客の入りだったが
まさか、こんな行列ができているとは・・・

鼓山站1

鼓山站2

バイク・人ともに100mは列ができていた。
33℃の気温の中で並んでいたらきっと倒れるし、
第一、3本くらい待っても乗れないような気がした。

それに、帰りのフェリーも同じようなら台北に帰るのは何時になるかわからない。

こういうときは、諦めが肝心だ。しかし、今回は本当に運がないなと痛感した。
ま、また、次に来いということだな、といいように考えた。
今度は高雄に泊まろう。そして、南部を回ろう、そして、冬に来ようと誓った。


鼓山站3
乗りたかったフェリー

そして、再び西子湾に戻りMRTに乗って帰っていると2つ目の「市議会」站の
案内が「スゥニィビィ」と言っていた。数ⅡBだって?うちの兄のころの
数学じゃんと思い、俺の時代は「代数幾何と基礎解析」だったな・・・
と、心の中でつぶやいた。

紅線に乗り換えて時間を見たら16:30発に間に合うかもしれないと思った。
一応、時刻表で確認してもOKそう。

1年4ヶ月前のクリスマスに子供から飴をもらった思い出なんかそっちのけで
高鉄左営站に行きすぐの新幹線に乗って台北に戻った。



高鉄時刻表
2012/05/08(火) 23:01 | trackback(0) | comment(0)

give me 水・・・

カテゴリー: 台湾

大南門を後にし台南站に向かう。それにしても足が重い。

途中、花の市場なんかもあった。やっと中正路のロータリーまで来たが
それにしても右折のバイクは信号が赤だろうがお構いなしに走っていくので
注意が必要だ。台北ではなかったと思うんだけど。
愛媛県の松山市が確か、左折は信号赤でもOKだったと思うがそんな感じかな?

しかし、歩く道にコンビニはない。もう、暑さでふらふらだ。
すると、悲しくもなんともないのに急に涙が出てきた。
しかも、お湯が!目からお湯って笑っちゃいけません。
きっと涙袋も暑さで温まって体が本能的に涙を流したんだと思うが
まさか、お湯とはね。40年以上生きてきたが初体験ですな。

台南通り
台南站へ向かう通り

そうこうしながら、何とか台南站到着。セブンイレブンを発見しようやく水をゲット。

ここで、次は高雄に行くのだが、当初は台鉄に乗って橋頭あたりまで行って高雄MRTで
移動しようと思っていた。しかし、この暑い中、乗車率が高いと思われる鉄道で移動して
倒れる思いをするなら、高鉄で高雄に行くほうがいいのかなと思えてきた。
幸い、高鉄站まで混むことはないだろうし、高鉄台南から左営までなら自由席でも
問題ないだろうと踏んで、高鉄で行くことにした。
幸い高鉄のチケット代を払う必要はないんだし。

予想通り、高鉄站まで行く電車はがらがらでその間、爆睡したのはいうまでもない。

2012/05/08(火) 19:58 | trackback(0) | comment(0)

大南門

カテゴリー: 台湾

文学館からは大南門へはまっすぐ行って左かと地図を見ながら歩を進めていった。

しかし、暑い。まだ、体のほうが暑さに慣れていないので必要以上に
汗をかく感じだ。こんなときに限って道沿いにコンビニやら自販機がない。(涙)
なんとなくこのあたりから、今回の旅はツイてないなと思いはじめていた。

それから、しばらく歩き、えぇと・・・ここから左に行ったところにあるのよね?
と思い地図を見ると、右側でした。どうも思考能力も低下しているようだ。

大南門は公園の中にあった。公園には大きな木があり木の下にいると風が吹くと
とても涼しい。日向とは5℃は違うようだった。

しかし、こういうところにも自販機はない。

しばらく木の下で寛ぎ、呼吸を整え、日向に向かう。向かう先は大南門。

大南門1

大南門2

大南門3

大南門4

大南門5

大南門6

太陽から逃げることはできないがとりあえず目標達成。もうこの街は今日は歩けない。
また、木の下で休んでから台南站に戻ろう。
2012/05/08(火) 07:22 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |