FC2ブログ

今回の感想

カテゴリー: タイ

今回初めてタイに行った。
目的は、半分くらいしか達成できなかったが、なんとなくバンコクの位置関係は
つかめたような気がした。

今回行って感じたことは、

◎今後やりたいこと
 MBKでの端末購入
  今回購入までは行かなかったけど、、タイや中国メーカーのもの
  もあったりして興味はそそられた。
  値段的には香港と比べてどうだろうってのはあるけど、旅行用として
  一度買ってみてもいいかなと思う。
  スペックがどういうのかがわからないので、ある程度機種は調べていったほうが
  いいような気がする。 

 ホテルステイ
  今回は1泊だけであわただしかったので、できれば何もせずホテル周辺で
  マッサージをやるくらいで過ごす日を1日設けたい。

 ワットアルンに行く
  今回いけなかったので次回ぜひ!

 アユタヤに行く
  遺跡見学

◎今回の課題
 キャリーバッグ
  今回、重量制限を気にしてバックパックで行ったが、体力的にきつい。
  空港では、キャリーバッグがあれば快適に過ごせたと思う。

 サロンパス
  これを忘れたがために足が痛い思いをした。次回からは忘れないようにしたい。

◎意外とためになったもの
 GOOGLE MAPのストリートビュー
  行く前に、ホテルや駅の周辺などストリートビューで見ておくと、行ったときに
  見たような景色を見ることができるので旅行当日、すんなり行くことができる。

 HOLDTUBEのウエストポーチ
  福岡空港で見かけて買いました。
  貴重品を腹巻にしてTシャツの下に忍ばせていました。

  holdtube.jpg


◎総括
  タイはもともと、「行くことはないかな?暑いし、香草なんかも苦手だし」と
  思っていたが、ことのほか良い所だと感じた。
  しかし、台湾や香港に比べ飛行機の時間もかかることからしょっちゅう行くような
  感じではないが、機会があれば、また行きたいと思う。

これで、初めてのタイ旅行は終わりです。駄文でしたが読んでいただいた方には
タイに行くときの参考にでもなればうれしいです。

旅行に対するアプローチは人それぞれなので、私も他の方の旅行記を読んで
参考になるところは、いろいろと取り入れたいと思っております。

それでは次回の旅行までCIAO!
2014/08/24(日) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

プラグについて

カテゴリー: タイ

今回、目的のひとつのコンセントプラグ

この2つを買いました。

プラグ1

これは雷ガードというか、青いボタンがオンオフボタンとなっていて
この両サイドにA型プラグの差込口が2箇所ある。

プラグ2

延長コードのみで探していたがごつくて長いのしかなかったので
あきらめていたところ、東急デパートで見つけたのがこれ。

意外にただの延長ケーブルがないのが、ちょっと残念だったかな?
日本で売ってる延長コードを使って問題なければそれを使えばいいだけなんだけど
問題ないのかな?

しかし、変換プラグは必要だが、この2つのプラグで旅行での
プラグは十分じゃないかなと思う。
2014/08/23(土) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

今回のお土産

カテゴリー: タイ

bkk土産3

bkk土産2

bkk土産4

bkk土産5

bkk土産7

bkk土産6

こういうのを買いました。
歯磨き粉はどこに行っても買っているなぁ。
2014/08/22(金) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

夜のスワンナプーム空港

カテゴリー: タイ

再び、MRT、ARLと乗り継ぎ空港に戻ってきた。

まずは預けていた、荷物を受け取り、バッグの中を整理する。

スワンナブームAP 1

スワンナプーム2

写真を撮っていたら、近くにいた女性からスマホを渡され
写真を撮ってくださいといわれ、写真を撮る。
最後に「謝謝」といわれる。中国人か台湾人といったところか。

しかし、バンコクは国際的な街であった。
いろんな国から来ていて人種の坩堝って感じだった。

スワンナプーム3

夜の10時を廻っていたが、まだまだ、飛行機のチェックインまで時間がある。
2:15のフライトだが、日本時間にすると4:15だ。

さすがにこの時間のフライトはきついな。
0時代のタイ航空がうらやましい。次はタイ航空にしたいものだ。

23:50ごろに再び行ってみたらチェックインできて、すぐに出国した。
夜中の空港は静かなものだ。

座席に座り、フライトの時間が来て滑走路に灯かりが見える。
帰りは何の心配もなく離陸。バンコクの灯かりを眼下に眠りについたのだった。
長い1日だった。
2014/08/21(木) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

再びのアソーク・ロビンソン

カテゴリー: タイ

今回の旅行ではよく利用した、アソークのロビンソン

地階のスーパーTOPSの入口にあるマッサージ屋に行き足を中心に
マッサージをしてもらい、さらにスーパーで買い物もして
よく利用させてもらいました。

最後の食事も、ここのフードコートにしました。

食事2

ここのチキン系は私の口に合いますね。45バーツです。
2014/08/20(水) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

再びのM・B・K

カテゴリー: タイ

再びMBKにやってきた。
昨日は、圧倒されたけど、今日はじっくり見よう。
とりあえず、探す端末はOneplusの「ONE」という機種を探そう。

しかし、見かけなかったなぁ。

ま、OPPO社の端末やNOKIAの端末を見れただけでもよしとするか。

mbk2.jpg

昨日と違って、雨は降ってなかった。

マーブンクロン

次回はいつこれるだろうか・・・
2014/08/19(火) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

アイスモンスター

カテゴリー: タイ

BTSとMRTを乗り継いでアソークに戻ってきた。
ここでは、「バンコクナビ」でみたカキ氷を食べてみたかったのでやってきた。
昨日、ここには来ていたが、座る席がなかったので再びやってきた。

アイスモンスター

マンゴーとピーチ、パイナップルのコンボ。
小さいけど、練乳たっぷりで美味しかったです。
これで、75バーツ。
2014/08/18(月) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

メナム・チャオプラヤー

カテゴリー: タイ

ワットポーもある程度見て周り、次は、ター・ティアンの対岸にあるワットアルンに
行こうと思ったが、結構雨が断続的に降るので、とりあえず帰ろう。
ワットアルンは次回訪泰時に訪れることにしよう。

そう思って船着場に行くと、結構人があふれていた。
船着場の人も、大声をあげて行き先を告げていた。
「サトゥーン」
というのでオレンジ色のボートではないが、これに乗ろう。

しかし、白人の観光客の人たちは乗ることなく、安いボートが来るのを
待っているようだった。こういうところは、徹底しているなぁ、と思った。

青ボートチケット
                ↑
        青い旗のボートは40バーツ

メナムチャオプラヤー

チャオプラヤー川の眺め。

自分たちが中学生のころはメナム川って習ったんだけど、メナムって川って意味なんだって。
そう考えると、結構いい加減な授業を受けたんだなと思った。

2014/08/17(日) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

ワットポー

カテゴリー: タイ

ター・ティアンの船着場をまっすぐ抜けると右手に見えるのが「ワットポー」

入場券は100バーツ。水付き。

ワットポーチケット

ここは、寝釈迦像で有名なお寺。

ワットポー3

ワットポー4

ワットポー6

足の裏にも彫刻がある。

ワットポー7

後姿もせくすぃー

ワットポー8

108の壷があって、この中にコインをちゃらんちゃらんと入れていく。
煩悩を消すことができるのだろうか・・・

ワットポー9

ワットポー11

ワットポー12

ワットポー13

結構広い、ワットポー。廻っている途中、急に暗くなりスコールが降り出す。

ワットポー14

そんな中雨宿りしようと屋根のあるところに飛び込むと仏像が並んでいた。
2014/08/16(土) 20:00 | trackback(0) | comment(0)

船でワットポーへ

カテゴリー: タイ

ファランポーンへ来たのはここから、ワットポーまで近いのでバスにでも乗って
行こうと言う事もあった。

しかし・・・

バス乗り場がどこにあるのかさっぱりわからん。(^^;
しかも、バスは満杯で乗り口も開いたままで走っている。

う~む・・・雨はふらなそうだな・・・
船で行くか・・・

と、MRTとBTSを乗り継いでサパーンタクシンにある、サトゥーン乗り場に行ってみる。

オレンジボートチケット
                ↑
             これがチケット

とりあえず並んでいる後ろに並ぶと程なくして船が来て、どかどかと乗り込む。
乗った状態で150%くらいの乗船率。
その後も、どんどん乗ってくる。まさか、船沈まないよね?

ボート1

近くにいた白人が、下船するところを知ってたようで、
ついていくと、ターティアンという船着場だった。

ボート2
2014/08/15(金) 20:00 | trackback(0) | comment(0)