FC2ブログ

台鉄乗り鉄

カテゴリー: 台湾

今回の目的は乗り鉄。
いろいろあったが、予定通りの西部幹線攻略。

これで残る未乗車区間は、平渓線6駅、深澳線1駅、蘇澳1駅の8駅分となりました。
ただ、乗り鉄ばかりやっていると無駄に時間潰しているだけなので、
これからは1日だけ乗り鉄に割り振るようにしよう。


時刻表
               ↑↑
     今回大活躍の時刻表。日鉄連さんありがとう。
2015/02/21(土) 20:59 | trackback(0) | comment(0)

今回の気づき

カテゴリー: 台湾

今回は乗り鉄だったが、今回一番の問題はデジカメのSDカードが壊れたことだった。
(結局復旧できず・・・)

そこで、帰国して気づいたが、フォーマットがNTFSだった・・・
おそらく、FAT32だったら問題なかったかもしれない。
皆さん旅行に行くときはデジカメでフォーマットしてから使うことにしましょう・・・

あーぁ・・・
2015/02/20(金) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

帰国へ。

カテゴリー: 台湾

朝の4:40ごろにチェックアウトする。
バックパックをしょってバスターミナルに行く。

4:50発のバスにのり6時前には空港に着いた。
エバー航空にチェックインし、空港をさまようが買うものもないので出国する。

まだ、朝早いがたくさんの人がいた。出国まで30分はかかったか。

朝も、何もすることがないのでラウンジに行く。

ラウンジ2

行きのエバー航空の機内食がまずかったので、ここで少し食べておこう。

ラウンジ1

ラウンジを出てから空港内をうろうろするが、特に買うものはない。

機場1

しかし、エバーは空港までもキティだ。

機場2

キティジェット

機内食帰り

機内食は期待しなかったがことのほか美味しかった。
いつもこれぐらいのクオリティで作ってくれればいいのに・・・

入国カード

機内で税関申告書を配っていたが、俺には入国カードと税関申告書をくれた・・・
俺は・・・台湾人か?

税関カード

これで今回の旅行は終わりです。
乗り鉄なのでさほど疲れていないが、記事にするにはつらいものがあるな・・・
2015/02/19(木) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

台北

カテゴリー: 台湾

台北について、まずはリチャージカードを買わねば・・・
いつもの台北駅地下街をされく。しばらく歩くと売っている店を見つけ、購入。

simリチャージ

今回は150NT$分購入。
このころから、「もう目新しいことはしない」と決めて、ホテルに移動。

それから、いつものカルフールといつもの金興發生活百貨で買い物をする。

あとは、ホテルでごろごろする。

明日は帰国日。飛行機が朝の8:10なので6時までには空港に着きたいので
4:40ごろにチェックアウトしよう。

豆花
2015/02/18(水) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

台北へ

カテゴリー: 台湾

帰りの集集線はお客も少なく貸切状態。
のんびり外の景色を見ながら、二水へ戻る。
早めに車埕から戻ってきたので、予定よりも1時間半早い。
時刻表を見るとすぐに台北に行く、莒光号があるので、早めに台北に行こう。

あらかじめ紙に 莒光号、二水→台北、それと時刻を記入して
窓口で紙を見せると、チケットが買えた。

莒光号チケット

ふー、これで早く台北にいける。
しかし、この街にくることもないだろうと思い、駅前だけでも写真を撮る。

二水站

しかし、小さな駅前だが、コンビニやホテルがあった。

あとは約4時間、列車の旅なのだが、この列車は「海線」経由なのだ。

おかげで時刻の変更はしたものの、これで西部幹線は攻略です。

彰化から海線を走るが、海は見えない。竹南の少し手前で海が少し見えるだけ・・・
中壢を過ぎるころから通路に立つ人が増えてきた。
樹林あたりから台北圏に入ってきて、板橋から地下にもぐった。台北はもうすぐだ。
萬華を通過するとしばらくして台北駅に到着。

で、今回の乗り鉄はこれで終了です。
2015/02/17(火) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

車埕へ

カテゴリー: 台湾

気を取り直して、集集線のチケットを買う。

nisui home

集集線は人気の路線でホームには人があふれていた。
出発3分前に入線し、4両編成の列車に人が乗り込んでいった。

まぁ、人が多くて外の景色を楽しむ余裕はなかった。

50分ほどで到着です。

車埕3

車埕時刻表

下車すると寒い・・・
小雨も降っている。

車埕-2

それに、駅正面にダムがあり切り立った崖がある。

台湾は、暖かいから気分転換にいいだろうと思っていたが、裏切られることになった。

なんだかこんなところに80分もいてもなぁ・・・という気になり、帰ることにした。

車埕6

帰りの列車はがらがらで、のんびりと二水に移動となった。

車埕7
2015/02/16(月) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

二水へ

カテゴリー: 台湾

朝6時ホテルをチェックアウトする。駅までは2分。
すぐについてしまう。

hsinchu-1.jpg

まだ、まだ、駅前は暗い。

hsinchu-2.jpg

30分ほどぶらぶらしたが、暇なので中に入ってみる。

hsinchu-3.jpg

地下通路にはホームを紹介してある。

hsinchu-4.jpg

ホームに上がると通勤電車が停まっていた。

hsinchu-5.jpg

味があるホームの駅標。

hsinchu-6.jpg

駅の時計台。

hsinchu-7.jpg

カラフルな内湾線の車両。

hsinchu-8.jpg

この莒光号で、本日は集集線を目指す。

商務車両ってのを押さえたんだけど、自分の座席に人が座っていて、一切譲ろうとしない。
おかげで二水まで開いている席を移りながら移動する羽目になった。
年寄りだったが、本当に見苦しい。この旅で一番むかつくことになった。

台湾の人はこういうところはちゃんと譲ると思っていたが、非常に残念だった。

hsinchu-9.jpg

いらいらしながら、二水に到着。

この時点でかなりテンションが下がっていた。
2015/02/15(日) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

光南大批發

カテゴリー: 台湾

デジカメのメモリーカードが壊れどうしようかと駅前に出ると
セブンイレブンがあったので覗いてみたが、メモリーカードはなし。
「うーむ、どうするか・・・」と思ってホテルと反対側の通りを見てみる・・・
めぼしい店はないなぁ・・・と思いも一本先の通りを見ると・・・

「光南大批發」の文字が・・

すでに22時を回っていたが、行って見るとまだ、開いていました。

149NT$で8GBのMICRO SDHCカードを購入。
もう、感謝の意味を含め以下のものも購入。

光南大批発

いやー、助かった・・・これで翌日もデジカメを使える。

ホテルも駅前なので駅前に戻り初日を終えたのだった。
2015/02/14(土) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

高雄 到 新竹

カテゴリー: 台湾

高雄站のホームに降りて、駅のホームを撮影する。
隣のホームに止まっていた列車の連結などを見て時間をつぶした。

18時に入線してくる自強号を待っていたが、18時になってもこない。
3分ほどしてから、火の玉のようなひとつのライトがついているものが入ってきたが
それが乗車する自強号だった。PP方式のタイプ。

18時を過ぎたころから急激に暗くなって来た。新左営、岡山と停車していく。
意外と夜の高雄の街は綺麗だなと感じた。

その後も、1,2分遅れながら自強号は確実に停車していく。

台南を過ぎてしばらく走ると急に都会になったな・・・と思っていると
嘉義に到着した。意外と都会だったし、阿里山鉄道の基点駅なので
いつか訪れようと思った。

嘉義を過ぎると、彰化、台中エリアへ入っていく。
員林の駅に入る前に今日撮った写真を見ると、なんと
「カードが異常です」
とメッセージが・・・

おかげで撮影も、見ることもできない。orz ・・・

しかし、写真はスマホで撮ることはできるが・・・
明日以降もデジカメを使えないのは痛い・・・
何かいい方法はないかを考えながら新竹までの乗車となった。
ほぼ定刻(21:48)に新竹に到着した、駅前に出ると小雨が降っていた。

IMG_0309.jpg



2015/02/13(金) 21:00 | trackback(0) | comment(0)

台湾到着後

カテゴリー: 台湾

台湾桃園機場到着後は時間との勝負。
すばやくバス乗り場を目指し・・・高鉄桃園站に向かう。
バスに乗るとすぐに出発となり、予定より早く到着した。

高雄までのチケットも購入し予定通りだった。

高鉄チケット2

時間も20分ほど出発まであったので、データ通信の契約も行い
順風満帆といったところ。

高鉄で高雄に向かう。台湾に来るようになって何度高雄を訪れただろう・・・
でも今回の滞在時間はわずかに1時間30分なのだ。

高雄駅にMRTで向かいチケット購入する。
買ったチケットは、
2/7 高雄-新竹 2/8 新竹-二水 二水-台北

おそらく窓口の人は・・・「コイツは何でこんなチケット買うのか?」と
思っていたに違いない・・・・

そもそも、何で今高雄にいるのだと思ったに違いない・・・

さすがに聞いてこなかったが、聞かれたら「台鉄西部幹線攻略です」
答えようと思っていた。

出発まで時間があったので、高雄駅前をぶらつき、18:05の自強号に乗るまで
時間をつぶしたのだった。
2015/02/12(木) 21:00 | trackback(0) | comment(0)